Q&A

ネット通販の印鑑についてQ&A

ここでは、ネットで印鑑を購入する前に知りたい疑問についていくつか取り上げます。

 

購入の際の参考になさってください。

 

 

Q 象牙は取引が禁止されているのでは?

 

象牙の輸入はワシントン条約によって1989年から原則禁止となっていますが、1999年に限定的に日本に輸入許可が出されました。

 

しかし、現在流通している象牙材のほとんどは輸入禁止以前の在庫を使っています。

 

環境省や経済産業省と日本の象牙業者とで協力し、登録業者のみが象牙の管理や流通を行なえるようにしています。

 

ワシントン条約は国際取引について規制するものなので、日本国内においての取引は法律上の問題はありません。

 

Q ネット注文は店頭で購入するより時間がかりますか?

 

ネットで注文し購入するのは手軽ですし、ショップによっては注文から翌日には届く場合があります。

 

しかし、お住いの地域によっては配達に時間がかかる場合もありますし、店頭によっては最短1時間で仕上げるところもあるので、一概には言えません。

 

Q どんな手数料がかかりますか?

 

送料、支払いが銀行振込の場合は振込手数料、代引きの場合は代引き手数料、などがかかる場合があります。

 

ただし、一定の購入金額以上になれば送料や代引き手数料が無料になるショップが多いです。

 

Q とても低価格で印鑑が作れるのはなぜですか?

 

店舗を構えなかったり、構えても最小に抑えたりすることによって、家賃や光熱費などの固定費を極力削減する努力が払われています。

 

Q 実印はネットで作らないほうがいいのでしょうか?

 

実印は本人を証明するための印鑑ですから、唯一無二のものである必要があります。

 

そのためには、同一のものができる機械仕上げではなく手仕上げの印鑑を選びましょう。

 

ネット注文でも手仕上げや完全手彫りなどを選べますし、実績があり信頼できるショップなら安心です。

 

なお実印として使うには自治体に印鑑登録する必要があります。

 

Q 支払方法はどんな種類がありますか?

 

一般的にはクレジットカード払い、銀行振込、代引き払いなど、他のネット通販とほぼ同じ種類が選べます。

 

Q 注文してから届くまで何日かかりますか?

 

注文して支払いが完了してからですが、最速で翌日午前に届きます。

 

それ以外でも2〜3日後には届くことが多いです。

 

Q 手彫りと機械彫りはどちらを選んだら良いのでしょうか?

 

実印を考えているなら手彫りがお勧めです。

 

機械彫りは文字どおり機械的なものなので同一の印面が他にできてしまう可能性が高いからです。

 

手彫り場合は制作時間がかかるため、届くまで少し待つことがあります。

 

Q 注文したら印鑑登録も代行してもらえますか?

 

印鑑登録は実印にするために必要ですが、手続きの代行はできません。

 

実印は本人確認のため法的効力を持つ印鑑ですから、本人でない人が代行して手続きしても意味がありません。

 

 

実績のある信頼できるショップはこちら
長く使える印鑑通販ショップランキング